くらし情報『宮野真守&蒼井翔太Wキャストで新たな「ウエスト・サイド・ストーリー」! 全3S異なるキャストで上演へ』

2019年6月26日 04:00

宮野真守&蒼井翔太Wキャストで新たな「ウエスト・サイド・ストーリー」! 全3S異なるキャストで上演へ

Photo by cinemacafe.net

世界中で再演を重ねているミュージカルの金字塔「ウエスト・サイド・ストーリー」の日本語版が、アジア初の没入型エンターテインメント施設「IHIステージアラウンド東京」にて上演決定。11月より異なるキャストで全3シーズンのロングラン公演を行う。

すでに、8月19 日(月)からは海外キャストによる「ウエスト・サイド・ストーリー」来日公演も決定しており、今回の発表によりIHIステージアラウンド東京では、様々な「ウエスト・サイド・ストーリー」が楽しめるように。

日本語版公演は、11月から2020年5月までの7か月にわたるロングラン公演を3シーズンに分け、また異なる日本キャストで上演。メインキャラクターのトニー、マリア、アニータ、リフ、ベルナルドは、各シーズンそれぞれWキャストで行われる。

また、本劇場は約1,300人の観客を乗せて360度回転する円形客席を劇場の中心に配置し、その周りをステージと巨大なスクリーンが取り囲む斬新で壮大な劇場システムを有する。初演から60年以上世界中で愛されてきた本作が、この劇場に合わせて演出を一新!世界で初めて“ステージアラウンドバージョン”の「ウエスト・サイド・ストーリー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.