くらし情報『磯村勇斗“灰谷”に「死なないで」の声多数…“はなロス”視聴者も「TWO WEEKS」最終回』

2019年9月17日 23:45

磯村勇斗“灰谷”に「死なないで」の声多数…“はなロス”視聴者も「TWO WEEKS」最終回

Photo by cinemacafe.net

三浦春馬が白血病の娘の命を救うために“2週間の逃亡劇”を繰り広げるタイムリミットサスペンス「TWO WEEKS」が9月17日の放送で最終回を迎え、磯村勇斗演じる灰谷の“正体”に驚く視聴者の声、はなを演じる稲垣来泉の演技を賞賛する声などがSNSに溢れている。

日々を刹那的に過ごしていた主人公・結城大地(三浦さん)だが、8年前に交際していた青柳すみれ比嘉愛未)と再会、自分に娘・はな(稲垣さん)がいることをする。だがはなは骨髄移植が必要だった。はなのドナーになる結城だがそんな矢先、結城は悪徳実業家・柴崎要高嶋政伸)の身代わりになって逮捕されてしまう。移送中の事故に乗じて結城は逃走するが、すみれの婚約者の刑事・有馬海忠(三浦貴大)、柴崎が関わった不正で父を失った月島楓芳根京子)、そして柴崎とその部下の殺し屋・灰谷(磯村さん)らが結城の行方を追う…というのが本作の物語。

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
すみれの命か、はなの命か――究極の選択を迫られた結城だが、有馬もすみれの居場所を特定。結城ははなを、有馬はすみれを助けに向かう。すみれは無事助かるがはなのもとに向かった結城は柴崎のもとに連れて行かれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.