くらし情報『佐々木蔵之介×佐野勇斗「ほん怖」SPで初共演! 半分の女が襲いかかる』

2019年9月27日 18:00

佐々木蔵之介×佐野勇斗「ほん怖」SPで初共演! 半分の女が襲いかかる

Photo by cinemacafe.net

佐々木蔵之介と佐野勇斗が、「ほんとにあった怖い話 20周年スペシャル」のドラマパートで初共演することが分かった。

2人が出演するドラマパートは、上半身だけ、下半身だけの女が登場する、ホラー作品ながらどこかコミカルな展開を見せる「肩の女」。

脱サラして夢のラーメン店をオープンさせた氷川武彦(佐々木さん)だったが、客足はさっぱり。場所も味も悪くないはずなのに、客が全く来ない理由に氷川は何となく気づいていた。それは、アルバイトの立花恵介(佐野さん)の肩に、“上半身だけの女”が絡みついていること…。恵介を辞めさせれば…しかし、明るく人の良い恵介をクビにすることをためらう。

そこで氷川は、恵介の肩を塩で清めようとするがうまくいかない。すると、今度は店内に“下半身だけの女”が現れ、それぞれに塩を投げつけると彼女たちは姿を消し、その後、店は満員になるほど繁盛。しかし、氷川がベッドに入ると下半身だけの女が現れ――というあらすじ。

夢のラーメン店を開く氷川役を演じる佐々木さんは、「ほんとにあった怖い話」への出演は約15年ぶり。「20周年の節目に出演させて頂いてうれしく思います」と喜んだ佐々木さんは、「ホラーではありますが、読み方によってはコメディーに見えるなという感覚でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.