くらし情報『神田沙也加『アナ雪2』監督と再会し感涙「胸がいっぱいです」』

2019年11月21日 15:52

神田沙也加『アナ雪2』監督と再会し感涙「胸がいっぱいです」

Photo by cinemacafe.net

ついに明日、日米同時公開される『アナと雪の女王2』のスペシャルイベントが11月21日、都内で開催された。

イベントにはジェニファー・リー(監督、脚本、チーフクリエイティブオフィサー)、クリス・バック(監督)、ピーター・デル・ヴェッコ(プロデューサー)、夫妻で作曲家チームのロバート・ロペス&クリステン・アンダーソン=ロペス、日本版のアナを演じる神田沙也加が出席した。

ジェニファー・リー監督「皆さんが注いでくれた愛情に値する作品になっていれば」

前作に続き、メガホンをとり、いまやディズニー・アニメーションのクリエイティブ部門のトップでもあるリー監督は「日本の皆さんが前作を愛してくださったことに、大きな意味があった」と感謝を示し、「今回の続編が、皆さんが注いでくれた愛情に値する作品になっていれば。私たちの愛、インスピレーション、そして感謝を感じてください」と日本のファンにメッセージ。

誰もが愛するキャラクターたちにも“変化”が訪れると言い「例えば、アナとクリストフの関係ね。アナはゆっくりと進展させたいはず。ハンスのときの反省があるから」と話していた。

また、共同監督のバックは、会場に駆けつけたコスプレのファンに向けて「前回、日本にお邪魔したときと大きく違うのは、皆さんがアナやエルサを愛し、“自分の”キャラクターにしてくれていること。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.