くらし情報『放送映画批評家協会賞、監督賞はサム・メンデス&ポン・ジュノの2人が受賞』

2020年1月14日 11:28

放送映画批評家協会賞、監督賞はサム・メンデス&ポン・ジュノの2人が受賞

Photo by cinemacafe.net

1月13日(現地時間)、第25回放送映画批評家協会賞授賞式がサンタモニカで開催された。

栄えある作品賞は、クエンティン・タランティーノ監督の『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が獲得。

驚きの結果となったのは、サム・メンデス(『1917 命をかけた伝令』)とポン・ジュノ(『パラサイト 半地下の家族』)の2人が受賞となった監督賞。メンデス監督は出席が叶わなかったが、ジュノ監督は通訳を伴い、受賞スピーチで感謝の気持ちを表した。『1917 命をかけた伝令』はほかに撮影賞と編集賞、『パラサイト 半地下の家族』は外国語映画賞も受賞した。

授賞式に来場したセレブのファッションもチェック。昨年のオスカーで「タキシードドレス」を着用して以来、装いが常に注目の的のビリー・ポーターは、デコルテから腕にかけての様々な種類の蝶のタトゥーにエメラルドグリーンのストラップレス・ジャンプスーツで圧倒。

そのほか、多数メディアがフローレンス・ピュー、ゼンデイヤ、ジェニファー・ロペス、ルピタ・ニョンゴらを「ベストドレッサー」として取り上げた。

主な受賞リストは以下の通り。

作品賞
『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

監督賞
サム・メンデス『1917 命をかけた伝令』
ポン・ジュノ『パラサイト 半地下の家族』

主演男優賞
ホアキン・フェニックス『ジョーカー』

主演女優賞
レネー・ゼルウィガー『ジュディ 虹の彼方に』

助演男優賞
ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

助演女優賞
ローラ・ダーン『マリッジ・ストーリー』

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.