くらし情報『「俺たちは生来有罪」…ジェイミー・フォックス演じる“死刑囚”との対面シーン解禁』

2020年1月16日 14:30

「俺たちは生来有罪」…ジェイミー・フォックス演じる“死刑囚”との対面シーン解禁

Photo by cinemacafe.net

日本時間1月10日より全米で拡大公開されると、興収ランキングが30位から5位にジャンプアップしたマイケル・B・ジョーダン主演『黒い司法 0%からの奇跡』(原題:Just Mercy)。この大ヒットスタートを記念し、主人公の弁護士がジェイミー・フォックス演じる冤罪の死刑囚と初めて面会をする重要なシーンの本編映像が解禁となった。

「ロッテントマト」では83%と高評価を獲得し、「感動的で、訴えかける」「感動的なパフォーマンス!」「心を奪われる」といった声が続出、公開規模が4館から2375館に拡大された全米では興収ランキング5位となった本作。

「俺たちは生来有罪なんだ」

今回解禁となったのは、マイケル演じる主人公ブライアン・スティーブンソンがジェイミー演じる死刑囚ウォルターと初めて刑務所で面会をする重要なシーン。死刑を言い渡され、何も可能性を見出せないウォルターのまるで生気のない、虚ろな目が印象的。ウォルターは「俺たちは生来有罪なんだ」と淡々と語る。そんな表情しか見せないウォルターの告白を真摯に受け止め、ブライアンは「僕は信じません」と彼を見つめ返す。

マイケルはこのシーンに関して「出会いのシーンはとても強烈だったが、事件に関わっていくために必要な自分自身を深く掘り下げるきっかけをブライアンに与えたと思う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.