くらし情報『名作と共にふり返る!アンナ・カリーナの伝説的な人生『アンナ・カリーナ』予告編』

2020年4月10日 16:00

名作と共にふり返る!アンナ・カリーナの伝説的な人生『アンナ・カリーナ』予告編

Photo by cinemacafe.net

シャネルが名付け、ゴダールが崇め、ゲンズブールが囁いた革命のミューズとして、ヌーヴェル・ヴァーグのアイコンになった女優アンナ・カリーナの伝説的な人生と映画たちを描いた『アンナ・カリーナ君はおぼえているかい』。この度、予告編が解禁となった。

アンナ・カリーナは、1940年9月22日デンマークのコペンハーゲンで、遠洋航路船長の父と19歳の母との間に誕生。17歳の時、パリでココ・シャネルに出会い、アンナ・カリーナと命名される。トップモデルとなり、ジャン=リュック・ゴダールに見初められ、彼の手掛けた『女は女である』『女と男のいる舗道』『気狂いピエロ』などに出演。音楽界の寵児ゲンズブールもミュージカル映画『アンナ』のために14曲を提供した。

1972年、彼女は完全な男社会のフランス映画界を飛び出し、自ら製作・脚本・監督・出演した映画をN.Y.で撮影。さらに歌手としての活動を開始、フランスやヨーロッパだけでなく日本でもツアーを行う。

女優アンナ・カリーナの伝説的な人生と映画たちを描いた本作は、パートナーであるデニス・ベリー監督が万感の思いを込めて作り上げた、彼女へのラブレター(本人談)である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.