くらし情報『おうち時間の過ごし方は?溝端淳平は「ブレイキング・バッド」をおすすめ「じっとりまとわりついてくる作風がたまらない」』

2020年6月4日 17:30

おうち時間の過ごし方は?溝端淳平は「ブレイキング・バッド」をおすすめ「じっとりまとわりついてくる作風がたまらない」

Photo by cinemacafe.net

“おうち時間”が増えたこの期間、みんなはどんな映画/ドラマ作品を見ているのか?“おうち時間”がもっと楽しくなるように、シネマカフェでは自宅での過ごし方や最近観た作品についてのアンケート取材を実施!今回は俳優の溝端淳平さんに回答いただきました。

――最近観た作品は何ですか?

「ブレイキング・バッド」

――おすすめポイントを教えてください。

“荒野にブリーフ姿の銃を持った中年男性”というオープニングです。どんな展開になるのか予想を立てながら見ましたが、決して派手ではないし、サスペンスでもアクションでもコメディでもない、じっとりまとわりついて来るような作風がたまらなくいいです。

地味ながらも真面目に生きてきた化学教師が、癌宣告を受けたことをキッカケにこれまで自分の中で押さえ込んできた悪に徐々に染まっていく。常に善と悪が紙一重に描かれていて、はじめて「ハムレット」を観たときの衝撃に近いものを感じました。

こんなに後半にかけて面白さが加速していく作品もはじめてでした。

――これから観たいと思っている作品は?

『アリラン』
『復活の日』
『人間の証明』
『チェイサー』
韓国映画やまだ見ていない邦画の名作を中心に見たいと思ってます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.