くらし情報『永野芽郁が悪夢を語る…坂口健太郎主演『仮面病棟』ビジュアルコメンタリー』

2020年7月3日 12:00

永野芽郁が悪夢を語る…坂口健太郎主演『仮面病棟』ビジュアルコメンタリー

Photo by cinemacafe.net

坂口健太郎主演映画『仮面病棟』のBlu-ray&DVDが本日7月3日よりリリース開始。これに合わせて、プレミアム・エディションに収録されている映像特典「シーンセレクション・ビジュアルコメンタリー」の一部が公開された。

約60に及ぶ撮りおろしの映像特典「シーンセレクション・ビジュアルコメンタリー」では、主演の坂口さんをはじめ、永野芽郁、木村ひさし監督が、本編シーンを観ながら撮影の裏側やネタバレエピソードなど、映画公開時には語れなかったことを明かしている。

公開された映像では、映画公開時のイベントや取材の際に語っていた、永野さんが撮影時に見ていたという悪夢について語られる。内容は、見ず知らずの男性に撃たれたり、ピエロが覗いて見ていたりと、不可解なもの。

撃たれても死ぬことはなかったそうだが、公開初日にはなんと「死にました」と笑顔をみせ、「でもちょっと嬉しいなって思いましたね。あっ!今日初日だからか!と思って」と感慨深そうに語り、夢の詳細を説明。これに坂口さんは「もしかするとその女性は瞳かもしれないよ」と作品に絡めて分析してみせると、永野さんも「そうかも!」と嬉しそう。

一方、坂口さんは撮影中の出来事が夢に影響することは無いそうで、「もうすぐ寝る!すぐ寝て、ぱっと起きて、お風呂入って」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.