くらし情報『千葉雄大、門脇麦&吉岡里帆と史上最長の遠距離恋愛ドラマに挑戦』

2020年7月9日 14:00

千葉雄大、門脇麦&吉岡里帆と史上最長の遠距離恋愛ドラマに挑戦

Photo by cinemacafe.net

千葉雄大主演のドラマ24特別編「40万キロかなたの恋」が7月24日(金)より放送されることが決定。千葉さんは宇宙飛行士に扮し、地球にいる元恋人と人工知能も巻き込む三角関係に発展、史上最長の超遠距離恋愛が描かれる。

宇宙飛行士の高村宗一は、人類が宇宙で快適に生活するためのサンプルデータをとるために1年間宇宙に滞在。極度な人間嫌いの彼は、煩わしい人間関係を逃れ、人工知能のユリと共に宇宙でひとり暮らす生活に満足していた。

そんなある日、元恋人の鮎原咲子から衛星回線で取材を受けることに。久々の再会についついケンカになってしまうが、宗一は懐かしい気持ちを思い出す…。一方、ユリは宗一に抱いていた感情が人間の恋に近いのではと気づき、自分の存在意義に疑問を感じ始める――。

主演の千葉さんが演じるのは、ひとりで宇宙に長期滞在している宇宙飛行士・高村宗一。煩わしい人間関係が嫌いで、いまの生活に満足している。

そして、宗一の元恋人・鮎原咲子を門脇麦。人工知能・ユリの声を吉岡里帆が担当。宇宙機構JAXISのスタッフとして、矢本悠馬、山田真歩、小松利昌が参加する。

また本作は、撮影の制約を逆手に取ったテレビ東京らしいアイディアドラマとなっており、宇宙船での一人芝居をバーチャルスタジオで撮影し、リアルタイム合成で映像化と、三密を究極に避けた撮影方法で挑む。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.