くらし情報『林遣都&中川大志で『犬部!』映画化「溢れんばかりの愛が詰まった作品」』

2020年8月14日 05:00

林遣都&中川大志で『犬部!』映画化「溢れんばかりの愛が詰まった作品」

また、同じく連続テレビ小説「なつぞら」で国民的人気を獲得し、現在「親バカ青春白書」にも出演中、公開映画も多数待機する中川大志が、犬部メンバーの親友役・柴崎涼介を演じる。

監督は、『花戦さ』で第41回日本アカデミー賞・優秀作品賞を受賞した篠原哲雄。そして脚本は『犬に名前をつける日』の監督・脚本・プロデューサーで、“多頭飼育崩壊”に向き合ったCX「ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側」、保護犬・保護猫に迫ったNHK BSプレミアム「家族になろうよ 犬と猫と私たちの未来」の総合演出を手掛けるなど、いま映像業界で最も犬猫保護事情に詳しいといわれる山田あかねが担当する。

キャスト&監督コメント

林遣都コメント
「犬部!」は実話を基にした命を繋ぐ物語です。自らを犠牲にし、動物たちに幸せな日々が訪れるよう願い闘い続けてきた方々の勇姿、そして溢れんばかりの愛が詰まった作品です。
撮影時、何度か命を繋ぐ尊い現場に立ち合わせていただきました。
小さな命を前に懸命に向き合う獣医師の先生方の姿に心打たれ、胸が熱くなりました。
動物を愛し、救おうとしている方が沢山います。そういった方々の願いを、一人でも多くの人に届けることが自分の役目だと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.