くらし情報『清水尋也「自分の持っていない知識を持った年上の人には魅力を感じます」』

2020年9月18日 16:00

清水尋也「自分の持っていない知識を持った年上の人には魅力を感じます」

Photo by cinemacafe.net

松雪泰子主演、『勝手にふるえてろ』の大九明子監督による映画『甘いお酒でうがい』が、いよいよ9月25日(金)より公開。この度、本作で松雪さん演じる主人公・川嶋佳子の生活に大きな影響をもたらす“岡本くん”を演じる清水尋也のメイキングショットと本作について語るインタビューが到着した。

1999年6月9日生まれ、現在21歳の清水尋也。中島哲也監督の映画『渇き。』にオーディションで選ばれ、壮絶なイジメに遭うボク役を好演して注目を集める。『ソロモンの偽証 前編・事件/後編・裁判』『ちはやふる 上の句・下の句/結び』『3D彼女 リアルガール』、坂元裕二脚本のドラマ「anone」などに出演して知名度を上げ、2019年、映画『貞子』『パラレルワールド・ラブストーリー』『ホットギミック ガールミーツボーイ』に出演し、第11回TAMA映画賞・最優秀新進男優賞を受賞。

今年6月にはファースト写真「FLOATING」も発売された。また、本作『甘いお酒でうがい』に加え、『青くて痛くて脆い』(公開中)、『妖怪人間ベラ』(公開中)と直近だけで3作品の公開映画があり、さらに人気漫画を実写映画化した『東京リベンジャーズ』(2021年公開予定)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.