くらし情報『アカデミー賞ノミネート作品&『デカローグ』HDリマスター版上映「ポーランド映画祭」開催』

2020年9月27日 15:00

アカデミー賞ノミネート作品&『デカローグ』HDリマスター版上映「ポーランド映画祭」開催

Photo by cinemacafe.net

コロナ禍の影響により、例年より短い期間での開催となる「ポーランド映画祭2020」。今年、9回目の開催になる本映画祭の第1弾作品として、名匠クシシュトフ・キェシロフスキ監督の最高傑作ともいわれる『デカローグ』HDリマスター版と、2020年のアカデミー賞国際長編映画賞にノミネートされた若手監督ヤン・コマサの『聖なる犯罪者』の上映が決定した。

■キェシロフスキ監督作品『デカローグ』HDリマスター版

旧約聖書の十戒をモチーフに、ワルシャワの巨大アパートに暮らす人々の人生模様を綴った連作集。当初はテレビドラマとして製作されたが、質の高さが大きな話題を呼び1989年ヴェネチ ア国際映画祭で上映、後に世界で劇場公開された。

スタンリー・キューブリックが「重要な映画の1本」と絶賛したほか、エドワード・ヤンや候孝賢らが賞賛の声を贈った。「トリコロール三部作」と並ぶキェシロフスキ監督を代表する傑作。全10話からなる本編上映時間585分で、ポーランド映画祭史上最長篇作品。

■第92回アカデミー賞国際長編映画賞ノミネート作『聖なる犯罪者』

本作が3作目となる38歳のヤン・コマサ監督。長編デビュー作『Suicide Room』(11)


関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.