くらし情報『ピクサー『ソウルフル・ワールド』新予告編、“魂の世界”や“こじらせソウル”が登場』

2020年12月9日 13:00

ピクサー『ソウルフル・ワールド』新予告編、“魂の世界”や“こじらせソウル”が登場

Photo by cinemacafe.net

『インサイド・ヘッド』で2度目のアカデミー賞に輝くピート・ドクターが監督を務めた最新作『ソウルフル・ワールド』。12月25日からの「Disney+(ディズニープラス)」の配信を前に、生まれる前に自分だけの個性を見つける場所“魂の世界”が明らかになる新予告編が解禁となった。

生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂の世界”を舞台に、夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と人間に生まれたくないソウルの女の子“22番”の“人生のきらめき”をめぐる冒険が描かれる本作。新たに解禁された新予告編では、JUJUが歌う日本版エンドソング「奇跡を望むなら...(ソウルフル・ワールド ver.)」も流れ、“人生のきらめき”を見つけようとする2人の冒険と、その深いメッセージに寄り添っている。


N.Y.で暮らすジョーはジャズ・ミュージシャンになる夢を叶える直前、マンホールに落ちソウルの世界へ。そこは生まれる前のソウルたちに、自分だけの個性が与えられる場所だった。そこでソウルたちの好奇心旺盛な性格や、感じがいいけど疑い深い性格というような個性が決まる。

そして、最後に見つけなければいけないのが自分だけの“人生のきらめき”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.