くらし情報『林遣都、20代と30代をつないだ「姉恋」吉岡真人との出会い…そして2021年は?』

2020年12月23日 12:05

林遣都、20代と30代をつないだ「姉恋」吉岡真人との出会い…そして2021年は?

Photo by cinemacafe.net

俳優・林遣都が「20代最後の役」であり「30代最初の役」でもあると語った火9ドラマ「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系)が、大団円で終了した。彼が演じた吉岡真人は主人公・桃子(有村架純)からたくさんの笑顔をもらい、前を向いて変わっていける強さを手に入れた。

この真人役は脚本家・岡田惠和による、林さんをイメージした“当て書き”。優しくも力強い眼差しと、そこにふと落ちる影。かといって決して冷たさはなく、内に秘めた情の深さ、熱量や強い意志、ときに無邪気ささえも醸し出す“姉ちゃんの恋人”真人の佇まいは林さんそのもの。そんな真人を演じた同作は林さん自身にとって思い出深い作品となったように、ファンにとっても、エンタメが停滞してしまった2020年を振り返るときに必ず思い出す作品となるだろう。

そして、来る2021年は待機作が目白押し。今度は一体、どんな姿を見せてくれるのだろうか?

朝ドラから「おっさんずラブ」『HiGH&LOW』まで、素晴らしき振り幅

12月6日、「姉ちゃんの恋人」撮影中に30歳の誕生日を迎えた林さん。同作でもピッチングを披露するシーンがあったが、中学時代にスカウトされると野球経験を生かし映画『バッテリー』(2007)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.