くらし情報『「華麗なるギャツビー」がドラマ化 フィッツジェラルドのひ孫も参加』

2021年1月27日 11:50

「華麗なるギャツビー」がドラマ化 フィッツジェラルドのひ孫も参加

Photo by cinemacafe.net

F・スコット・フィッツジェラルド著の「華麗なるギャツビー」(「グレート・ギャツビー」)が、テレビドラマ化される。「A+E Studios」と「ITV Studios America」が、『エリザベス』や「ヴァイキング ~海の覇者たち~」の脚本家マイケル・ハーストと開発中だという。「The Hollywood Reporter」などが報じた。

同ドラマは現在のところ1シーズンでの完結を想定。ハーストは『サイドウェイ』のマイケル・ロンドンと製作総指揮も務める。また、フィッツジェラルドのひ孫であるブレイク・ハザードが、コンサルティング・プロデューサーとして参加する。

ハーストはすでにこの企画に携わって3年が経過している。「ギャツビーとは人生のほとんどをともにしてきたと感じます。子どもの頃に出会い、1970年代にはオックスフォード大学で学生に教えました。それから定期的に何度も読んでいます」と同書の大ファンであることを告白。ドラマ版については、「私たちが現在暮らすアメリカを良い意味で反映した、より多様性・包括性のある『華麗なるギャルビー』を作りたい」と語っている。

「華麗なるギャツビー」はこれまでに何度も映画化されており、主役のジェイ・ギャツビーをロバート・レッドフォードやレオナルド・ディカプリオらが演じた。

(Hiromi Kaku)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.