くらし情報『井之脇海が初主演、松本穂香&山崎育三郎と音楽漫画「ミュジコフィリア」映画化』

2021年3月21日 05:00

井之脇海が初主演、松本穂香&山崎育三郎と音楽漫画「ミュジコフィリア」映画化

Photo by cinemacafe.net

漫画家・さそうあきらの「ミュジコフィリア」が、井之脇海主演、共演に松本穂香と山崎育三郎を迎え映画化されることが決定。監督は、『時をかける少女』で長編映画監督デビューした谷口正晃が務める。

京都の芸術大学に入学した漆原朔は、思いがけず強引に現代音楽研究会にひき込まれる。だがそこには、朔が音楽を遠ざけるきっかけとなった異母兄の貴志野大成と、朔が憧れる大成の彼女・小夜がいた。

大成は天才作曲家として注目される存在であり、朔はそんな大成を一途に愛する小夜との間で苦悩する。子どもの頃からモノの形や色が「音」として頭の中で鳴っていた朔は、やがてそれらが現代音楽を通して表現できることを知る。そして、朔と同じように自然の音を理解する女性、浪花凪が現われ、朔は秘めた才能を開花させようとしていた――。

本作は、“耳で観る映画”として高い評価を受けた同原作者の『神童』『マエストロ!』に続く、音楽をテーマとした3部作の最終作。

『トウキョウソナタ』「義母と娘のブルース」などに出演し、今作では主演を務める井之脇さんは、モノの形や色が音として聴こえる特殊な才能を持ちながら、著名な作曲家の父と若手天才作曲家として期待される異母兄へのコンプレックスから音楽を遠ざけてきた主人公・漆原朔を演じる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.