くらし情報『内田理央、レンの母親役を熱演…「レンアイ漫画家」7話から出演へ』

2021年5月20日 06:00

内田理央、レンの母親役を熱演…「レンアイ漫画家」7話から出演へ

Photo by cinemacafe.net

現在放送中の鈴木亮平主演ドラマ「レンアイ漫画家」の第7話(5月20日放送)からモデルで女優の内田理央が出演することが分かった。

本作は、鈴木さん演じる恋愛が苦手な天才少女漫画家・刈部まりあこと刈部清一郎と、吉岡里帆さん演じる崖っぷち女子・久遠あいこが織りなす、ピュアな不器用ラブコメディードラマ。

今回木曜劇場初出演となる内田さんは、「向かいのバズる家族」「来世ではちゃんとします」で主演を務め、今後は映画『リカ 自称28歳の純愛モンスター』や舞台「物語なき、この世界。」、ドラマ「来世ではちゃんとします2」が控えている。

本作で演じるのは、刈部レン(岩田琉聖)のミステリアスで魔性な母・秋山美波。清一郎はレンに美波の存在をひた隠しにしてきたが、美波は突如、清一郎の前に現れ、これまで明かされてこなかった清一郎の過去が明らかになり、疑似家族にも崩壊の危機が…と、物語後半で重要なカギを握る役どころだ。

「ちょっと何を考えているのか分からない、何かしでかしそうな、ミステリアスでかまってちゃん」と演じるキャラクターについて説明した内田さんは、「なかなか皆さんの共感を得ることはできないと思いますが(笑)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.