くらし情報『「推しの王子様」最終話 比嘉愛未“泉美”の告白に「推しに対して誠実」の声、渡邊圭祐“航”とディーン・フジオカ“光井”にも多くの反応集まる』

2021年9月24日 00:25

「推しの王子様」最終話 比嘉愛未“泉美”の告白に「推しに対して誠実」の声、渡邊圭祐“航”とディーン・フジオカ“光井”にも多くの反応集まる

編み物が好きな「ペガサス・インク」エンジニア、織野洋一郎に谷恭輔。プロのミュージシャンを目指す藤井蓮に藤原大祐。コンテンツビジネスに進出するため「ペガサス・インク」を買収した「ランタン・ホールディングス」代表取締役社長の水嶋十蔵に船越英一郎といった顔ぶれ。

「推しの王子様」最終話 比嘉愛未“泉美”の告白に「推しに対して誠実」の声、渡邊圭祐“航”とディーン・フジオカ“光井”にも多くの反応集まる

※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。

最終回は乙女ゲームへの情熱を失った泉美がペガサス・インクを辞め、実家に帰ってしまう。ランタンの小島(竹森千人)が新社長に就任するが、業務フローを変えたことで「恋する森の中へ」のクオリティが低下、炎上してしまう。そのことを知った泉美は匿名のブログで改善点を提案。ブログに気付いた杏奈が社員たちにブログを見せ、それを元に航たちはゲームを改善。炎上は収束する。光井たちは十蔵にランタンからの独立を要望、十蔵もそれを受け入れペガサス・インクは再び一からやり直すことに。航は「ラブ・マイ・ペガサス」を再開しようとしていることを泉美に伝え、オフィスに戻ってきた泉美の前にケント様の衣装で現れる…という展開。

リアル“ケント様”として泉美の前に現れた航に「航くん!!!!リアルケント様じゃん!」「え?ケント様。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.