くらし情報『キム・ユンソクからク・ギョファンまで『モガディシュ』内戦下のキャラカット一挙解禁』

2022年5月27日 16:00

キム・ユンソクからク・ギョファンまで『モガディシュ』内戦下のキャラカット一挙解禁

Photo by cinemacafe.net


2021年度韓国映画No.1の大ヒットを記録し、第42回青龍映画賞で5部門、さらに今月開催された第58回百想芸術大賞では映画部門・大賞と作品賞を受賞した『モガディシュ脱出までの14日間』が、7月1日(金)より公開。

この度、ソマリア内戦の大混乱の中、国外脱出をかけて「国か命か」の選択を迫られる韓国・北朝鮮の大使館員たちを演じたキム・ユンソク、チョ・インソン、ホ・ジュノ、ク・ギョファンらの個性溢れるキャラクターカットが一挙解禁。さらに、監督のリュ・スンワンから日本の観客へメッセージが到着した。

駐ソマリア韓国大使ハン・シンソンを演じたのは、『1987、ある闘いの真実』『暗数殺人』『天命の城』などで、その役柄に無限の幅広さを見せてきた名優キム・ユンソク。1990年、韓国が国連に加入するために奮闘する中、突然の内戦勃発による危機的な状況においても、韓国大使としてリーダーシップをみせ、大使館の職員や家族たちを世話しようとする責任感の強い人物を熱演。

キム・ユンソクからク・ギョファンまで『モガディシュ』内戦下のキャラカット一挙解禁

また、ドラマ「バリでの出来事」「大丈夫、愛だ」映画『ザ・キング』などで人気を博し、最近ではバラエティ番組にも出演するチョ・インソンは、国連加盟に向けた外交戦のために、派遣された安全企画部出身の参事官カン・デジン役を演じ、自己流のコングリッシュ(韓国式発音の英語)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.