くらし情報『リリー・フランキー、“めざましくん”ぬいぐるみに抗議「皆使ってドロドロ」』

2020年3月20日 15:00

リリー・フランキー、“めざましくん”ぬいぐるみに抗議「皆使ってドロドロ」

リリー・フランキー、“めざましくん”ぬいぐるみに抗議「皆使ってドロドロ」

映画『一度死んでみた』(3月20日公開)の公開初日ミサが20日に都内で行われ、広瀬すず、吉沢亮、堤真一、小澤征悦、木村多江、リリー・フランキー、浜崎慎治監督が登場した。

同作は、ソフトバンク「ホワイト家族」シリーズなどを手がけ数々の賞を受賞、映画『ジャッジ!』で脚本も務めた澤本のオリジナル作。大学4年生の野畑七瀬(広瀬)は、製薬会社の社長である父親の計(堤真一)と二人暮らしだが、ある日「一度死んで2日後に生き返る薬」を飲み、会社乗っ取り計画の犯人を炙り出そうとする計が七瀬の前におばけとなって現れる。七瀬は計、そして計の会社の社員で、”ゴースト”と呼ばれている存在感の薄い松岡(吉沢亮)とともに事態の解決に乗り出し、思いもよらぬ展開になってしまう。

作品にちなみ、「死んじゃうくらい恥ずかしかったこと」を聞かれたキャスト陣。小澤は、東海テレビで取材を受けた際に、同局のキャラクター・イッチーの大きなぬいぐるみをプレゼントされたと思い、持って帰ってしまったエピソードを披露する。

それを受けて、リリーは「『めざましテレビ』でも、"めざましくん"のちっちゃいぬいぐるみを持たされるじゃない。くれんのかなと思ったら、また持ってかれるじゃない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.