くらし情報『コピーライターにきいた、ことばのコミュニケーション術 (4) 市場価値を上げれば、社内価値も上がる -「エレベーター式」働き方(小西利行さん)』

2014年9月28日 17:47

コピーライターにきいた、ことばのコミュニケーション術 (4) 市場価値を上げれば、社内価値も上がる -「エレベーター式」働き方(小西利行さん)

コピーライターにきいた、ことばのコミュニケーション術 (4) 市場価値を上げれば、社内価値も上がる -「エレベーター式」働き方(小西利行さん)
コピーライターの小西利行さんがこれまでに手がけた広告はサントリー「伊右衛門」「ザ・プレミアム・モルツ」、日産「セレナ」など500本を超え、国内外の賞も数々受賞している。実際の制作例を見ながら、コミュニケーションの本質にせまっていく。

小西利行さん
コピーライター/クリエイティブ・ディレクター/劇作家/絵本作家
大阪大学卒業後、93年に博報堂に入社。2006年に独立し、現在のPOOL INC.を設立。「伝わる言葉」を中心にCM 制作から商品開発やブランド開発、企業コンサルティング、都市開発までを手がける。サントリー「伊右衛門」などこれまでに手がけた広告は、500本を超える。海外の権威である広告賞である、CLIO、ニューヨークADC、ONE SHOWほか数々の広告賞を受賞。国内でもTCC賞、ACC賞など受賞歴多数。ENJIN 01文化戦略会議メンバー

○佐藤可士和さんのすごいところ

--コンセプトを表すのに、言葉は便利なのでしょうか

小西さん「僕がつきあっているデザイナー、アートディレクターは言葉がうまいです。一番うまいなとおもったのは佐藤可士和さんで、本当に人を動かすことを知ってる人です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.