くらし情報『Windows 8.1ミニTips (69) 意外と便利な「ファイル履歴」 - バックアップの除外フォルダーと実行間隔』

Windows 8.1ミニTips (69) 意外と便利な「ファイル履歴」 - バックアップの除外フォルダーと実行間隔

Windows 8.1ミニTips (69) 意外と便利な「ファイル履歴」 - バックアップの除外フォルダーと実行間隔
従来のWinodwsはローカルデバイス全体を対象にしたフルバックアップが基本だったが、Windows 8以降はシステムファイルを初期状態にする「PCのリフレッシュ」などが加わり、フルバックアップの必要性が低下した。PCを利用する上でバックアップは不可欠だが、その際に役立つのが「ファイル履歴」だ。今回はファイル履歴機能に関する設定ポイントを紹介しよう。

「Windows 8.1ミニTips 第17回」より、2014年4月9日にリリースされたWindows 8.1 Updateを適用した環境を対象としています。

○バックアップから除外するフォルダーを指定する

ファイル履歴は、デスクトップやドキュメントフォルダー、OneDriveフォルダーなど各所に格納したファイルをバックアップ対象としている。しかし、それらの中に一時フォルダーを含んでいる場合や、バックアップデータのサイズを抑えたい場合、「除外するフォルダー」機能が役に立つ。

あらかじめ任意のフォルダーを指定することで、バックアップ対象に含めないというものだ。ただし、一般的なバックアップ機能のように、ファイルの拡張子やワイルドカードを使った除外方法は選択できない。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.