くらし情報『内博貴&室龍太の友情に、湖月わたる「キュンキュン」宝塚時代からの思い告白』

2020年9月5日 15:30

内博貴&室龍太の友情に、湖月わたる「キュンキュン」宝塚時代からの思い告白

内博貴&室龍太の友情に、湖月わたる「キュンキュン」宝塚時代からの思い告白

浪漫舞台『走れメロス』~文豪たちの青春~の公開ゲネプロが5日に東京・ヒューリックホール東京で行われ、内博貴、谷村美月、室龍太(関西ジャニーズJr.)、千原せいじ、山口真帆、なべおさみ、湖月わたるが取材に応じた。

同作は小説家・太宰治の多くの作家たちとの友情や、彼が愛する女性たちとの葛藤や苦悩に満ちた波乱の人生を題材として、親友で作家の檀一雄が書き上げた回想録『小説 太宰治』をベースに、舞台作品として書き下ろされた。 太宰を内、太宰と共に波乱の人生を送る小山初代役と太田静子役(二役)を谷村、太宰の親友で作家の檀を室が演じる。

内は「この状況ですから、僕も前回作品が中止になってしまって、今回は稽古場でもスタッフさん、キャストの皆さんも2回PCR検査もしまして、全員陰性だということで、ようやく初日を迎えることができた」としみじみ。「コロナが身近になって来た。いつ自分がかかってもおかしくないという気持ちを常に思いながら稽古をしていましたので、初日もよかったけど、千秋楽まで気を緩めることなく気をつけながらやっていけたら」と意気込んだ。

過去に織田作之助役を演じたことから、内は「織田作をやらせてもらってる時も『太宰はこうで……』と言ってたこともあったので、太宰治さんをまさかやるとは思ってもなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.