くらし情報『井浦新、娘役・新津ちせの演技を絶賛「自分が恥ずかしくなるくらい満点」』

2020年10月1日 15:40

井浦新、娘役・新津ちせの演技を絶賛「自分が恥ずかしくなるくらい満点」

井浦新、娘役・新津ちせの演技を絶賛「自分が恥ずかしくなるくらい満点」

子供ユニット・Foorinの新津ちせ、池下リリコ、俳優の井浦新が1日、都内で行われた映画『ウルフウォーカー』(10月30日公開)の公開アフレコ&合同取材に出席した。

アニメーションスタジオ「カートゥーン・サルーン」最新作となる本作は、中世からアイルランド・キルケニーで伝えられてきた伝説で、眠ると魂が抜け出しオオカミになる“ウルフウォーカー”を題材にした物語。

ハンター見習いの少女ロビンの吹き替えを新津、“ウルフウォーカー”の少女メーヴを池下、ロビンの父でウルフハンターのビルを井浦が担当。この日は、ロビンとメーヴ、ロビンとビルのシーンのアフレコを報道陣の前で披露した。

新津は「リリコちゃんとは同じ劇団なので3歳頃から一緒にレッスンを受けたりしていてもともと仲良くて、今も仲良しなので、共演できるって聞いたときはうれしかったです。リリコちゃんの声のお芝居は迫力があって大好きです。声の仲良さも見ていただけたらうれしいです」と池下との共演を喜び、池下も「ちせとは前からすごく仲良くて、アフレコをしているときも隣にいるだけで安心して、ロビンと演じるところもすごく楽しかったです」と笑顔で話した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.