くらし情報『『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子「本当に怖かった」!? “隣人”大高洋子は「魂で演じられる方」』

2020年12月8日 14:00

『ミセス・ノイズィ』篠原ゆき子「本当に怖かった」!? “隣人”大高洋子は「魂で演じられる方」

Photo by cinemacafe.net

「SNSの恐ろしさを改めて感じた」「皆が観た方が良い」「人ごとではなかった」と、公開初日からSNSでの口コミでも評判となっている『ミセス・ノイズィ』。この度、主演の篠原ゆき子、大高洋子、天野千尋監督のインタビューが到着した。

“騒音おばさん”事件をモチーフに、現代ならではのSNSや炎上商法問題を絶妙にミックスさせたエンタメ&社会問題提起作品として話題沸騰中の本作。公開初日の舞台挨拶はコロナ禍で見送りとなったが、主演の篠原さんをはじめ、“隣人”役の大高さん、天野監督らが新宿武蔵野館に来場した。

約7か月もの延期を乗り越えての封切りに天野監督は、「企画立案から数えると約5年。時間をかけて公開に辿り着いたので感慨深い」とシミジミ。SNSに上がる感想は逐一チェックしており「どんな感想があるのか不安で仕方がなかったけれど、SNSでは嬉しい感想が盛りだくさん。すごく幸せです」と安堵の表情。

篠原さんも「ひとまず公開を迎えることができて感無量。コロナに勝った気分!」とユーモアを交えて喜びを表現。大高さんが「SNSなどで『絶対に観に行く!』というメッセージをいただいたりして、嬉しすぎて家で泣きました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.