くらし情報『"ハイレゾ対応"したDAWソフト「SONAR」新バージョン発表-「月額制」とは異なる購入形式「メンバーシップ制」を導入』

2015年2月20日 12:40

"ハイレゾ対応"したDAWソフト「SONAR」新バージョン発表-「月額制」とは異なる購入形式「メンバーシップ制」を導入

"ハイレゾ対応"したDAWソフト「SONAR」新バージョン発表-「月額制」とは異なる購入形式「メンバーシップ制」を導入
●「メンバーシップ制」とサブスクリプション制との違いを解説
ティアックは19日、米国Cakewalk TASCAM Professional SoftwareブランドのWindows用音楽制作ソフト「SONAR」の新シリーズを国内発売することを発表した。同日、都内のギブソン・ブランズ・ショールーム・トーキョーにおいて製品発表会を実施した。発表会では、ボストンより来日したCakewalkのプレジデントやプロダクトスペシャリストが出席し、今回新たに採用された「メンバーシップ制」や新機能などが紹介された。

○サブスクリプションとは似て非なる「メンバーシップ制」を採用

最近のオーディオ市場は「ハイレゾブーム」と言っても過言ではない。ちまたには"ハイレゾ対応"をうたうさまざまな製品が続々と登場しているが、このたび発表された新しい「SONAR」も、"CDを超える音質"のハイレゾ音源の配信で注目される「11.2MHz DSD」フォーマットへの対応を果たしたことが目玉となっている。ティアック執行役員兼ミュージックインダストリービジネスユニット長・吉野伸也氏は、冒頭の挨拶でSONARについて「TASCAMのエンジニアやSONARの開発チームに参加し、Cakewalkと同社の技術が融合した記念すべき初のコラボ製品」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.