くらし情報『宮田俊哉、アフレコ師匠・浪川大輔の手紙に驚き! 内田真礼には「本物のまれいたそだ!」』

2020年10月9日 20:30

宮田俊哉、アフレコ師匠・浪川大輔の手紙に驚き! 内田真礼には「本物のまれいたそだ!」

宮田俊哉、アフレコ師匠・浪川大輔の手紙に驚き! 内田真礼には「本物のまれいたそだ!」

映画『劇場版BEM〜BECOME HUMAN〜』(10月2日公開)の公開記念舞台挨拶が9日に都内で行われ、内田真礼、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、山寺宏一が登場した。

同作は『妖怪人間ベム』生誕50周年を記念して、原作の持つ設定やメッセージ性を残しつつも全く新しい解釈で舞台設定やキャラクターを大胆に変更し、2019年に制作・放送された TV アニメ『BEM』の劇場版となる。

宮田は「なんか"宮田くん"とか"俊哉"とかうちわをもってくださってる皆さん、僕の姫たち、ありがとうございます、姫じゃない方たちもありがとうございます」と感謝。「こうしてお客さんの前に立つことが半年以上ぶりくらいの感じなので、少しドキドキしています。僕も数日前にこの劇場に観に来たんですけど、自分の声がアニメから聞こえてくるということに違和感がまだあって、恥ずかしくなっちゃって、映画見ながら手で隠す感じになっていました」と明かした。

声優初挑戦となった宮田は「戦うシーンがすごく難しくて」と振り返り、「家で、攻撃をくらう練習をしてました。『うあっ!』とか。近所から通報されるかと思いました」と振り返る。そんな宮田の演技に、内田が「私最初PVでお声を聞いた時に、『え? これが宮田さんなんだ』と思ってびっくりしたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.