くらし情報『渡辺直美、撮影本番中の北川景子の迫力「激怖」「震えてた」子役の悪夢心配』

2020年12月18日 22:16

渡辺直美、撮影本番中の北川景子の迫力「激怖」「震えてた」子役の悪夢心配

渡辺直美、撮影本番中の北川景子の迫力「激怖」「震えてた」子役の悪夢心配

映画『約束のネバーランド』(12月18日公開)の公開初日舞台挨拶が18日に都内で行われ、浜辺美波、城桧吏、板垣李光人、渡辺直美、北川景子、平川雄一朗監督が登場した。

同作は原作:白井カイウ、作画:出水ぽすかによる全世界累計発行部数1800万部突破の人気コミック実写化作。楽園のような孤児院「グレイス=フィールドハウス」で里親に引き取られる日を夢見る孤児たちだったが、エマ(浜辺美波)、レイ(城桧吏)、ノーマン(板垣李光人)の3人は、実はそこが「鬼に献上する食用児を育てる農園」だったことを知り、孤児たち全員を引き連れた脱獄計画をスタートさせる。

2面性を持つグレイス=フィールドハウスのママ・イザベラを演じた北川は「映画の前半の方はいい人なのか悪い人なのかわからないような中間の芝居をしなければいけなかったので、子供たちと休憩時間位どういう風に接したらいいのかわからなかったけど、ちっちゃい子たちがなついてよってきてくれたので、楽しく撮影してました」と振り返る。しかし、後半とのギャップに「子役の皆が悪夢を見てないか心配していた」という。

ニューヨークから帰国し「久々の日本」だという渡辺は、「ニューヨークでコミックがいろいろ売ってるところがあって、『約束のネバーランド』の英語版を買いに行ったら売り切れていて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.