くらし情報『小松菜奈、初の長編映画単独主演! 吉本ばなな初期の名作映画化で「すごくぴったり」』

2021年5月12日 08:00

小松菜奈、初の長編映画単独主演! 吉本ばなな初期の名作映画化で「すごくぴったり」

撮影中はエドモンド監督の描きたいシーンについて、みんなが監督を信頼しているからこそ、私たち役者の感情を大事にしていただき、スタッフさんのアイデアや意見も取り入れて、最終的に一つになるという現場でした。
今回、監督とご一緒できて、また一つ私の新しい扉を開けていただいたと思います。
自分でもどんな風に完成しているのか未知の世界で、こんなに想像がつかない作品は初めてかもしれません。
だからこそ作品の完成がとても楽しみです。
是非、皆さんも楽しみにしていただけたら嬉しいなと思います。
○エドモンド・ヨウ監督 コメント

いちばん最初に原作を読んだのは2006年のことです。シンプルな構成と短い物語であるにも関わらず、「ムーンライト・シャドウ」を読んだ記憶は10年以上経った今でも色褪せず、鮮明に残っています。当時、私は20代初めで、登場人物達や、作者である吉本さんが執筆された年齢と同世代だったのです。その時揺さぶられた感情はとても力強いものでした。言わば、ちょうど良い年齢の時にこの本を読んだのです。
その2年後、大好きな日本映画や日本文学の影響で、早稲田大学で修士号を専攻する事になり、その頃撮った短編は、ほとんど日本の偉大な小説作品から影響を受けて作ったものです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.