くらし情報『週刊少年ジャンプ新人編集者が目の当たりにする、弱肉強食の世界 (1) ジャンプ御乱心と言われた『磯部磯兵衛物語』』

2015年7月13日 12:34

週刊少年ジャンプ新人編集者が目の当たりにする、弱肉強食の世界 (1) ジャンプ御乱心と言われた『磯部磯兵衛物語』

週刊少年ジャンプ新人編集者が目の当たりにする、弱肉強食の世界 (1) ジャンプ御乱心と言われた『磯部磯兵衛物語』
先日マイナビ転職が公開した「うつけもの新入社員診断~浮世はつらいよ~」。集英社の週刊少年ジャンプで大人気連載中、仲間りょうによるギャグマンガ『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~』(以下、磯兵衛)との期間限定コラボ企画であり、新入社員だったころの自分が周囲からどう見られていたかを「意識高い系新入社員」「キレイごと系新入社員」などと辛辣に診断して心をえぐってくると、違う意味でも評判を呼んでいる診断です。

せっかく作ったのだから、『磯兵衛』の担当編集者にもやってもらいつつ、週刊少年ジャンプのお仕事について伺ってみることに。インタビューに答えてくれたのは、週刊少年ジャンプ編集部の内藤拓真さん(入社3年目)。みんなが気になるジャンプ編集部のお仕事について、たっぷり教えていただきました!

○磯兵衛の力の抜け具合がウケているのかもしれない

――内藤さんは『磯兵衛』のご担当になってどれぐらいになるのでしょうか

実は私、『磯兵衛』の担当になってまだ間もないんですよ。前任から引き継いだのが1カ月ほど前。『磯兵衛』3代目の担当ということになります。

――『磯兵衛』は2013年の少年ジャンプ47号から連載がスタートしていますが、その頃は内藤さんもジャンプ編集部に在籍されていましたよね

そうですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.