くらし情報『広島県福山市で「ヤンキー人類学」展を開催 -"仏恥義理"のパワーみなぎる』

2014年3月2日 07:00

広島県福山市で「ヤンキー人類学」展を開催 -"仏恥義理"のパワーみなぎる

広島県福山市で「ヤンキー人類学」展を開催 -"仏恥義理"のパワーみなぎる
広島県福山市・鞆の津ミュージアムは4月26日~7月21日、展覧会「ヤンキー人類学」を開催する。

○ブチ上げ改造単車から相田みつをまで、"アゲと気合い"のヤンキー美学を一挙紹介

同展は、一般的には、否定的理解のもとにおかれてしまう「ヤンキー」文化を肯定的にとらえ直す展覧会。超精巧なデコトラのミニチュア、自作のデコチャリ、ブチ上げ改造単車、ド派手な成人式の衣装、相田みつをの書など、自らを表現せずにはいられないその精神から生み出される、自由で生命力に満ちた表現を紹介するものとなる。

かつて、70~80年代にかけて見られた、リーゼント・変形学生服・特攻服・改造車などに代表される文化を好んだ若者は「ヤンキー」と呼ばれた。しかし、当時、そのようなヤンキー文化は「バッドテイスト」(悪趣味)なものとみなされる社会の周縁的現象であり、いまやほとんど見ることができないものになっている。

しかし、精神科医の斎藤環氏によれば、ヤンキー的美意識や、「気合主義」や「反知性主義」といったヤンキー性は日本文化を構成するひとつの原理として、消滅するどころか、様々なものにかたちをかえて日本社会の随所に偏在しているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.