くらし情報『RealSense対応アプリのハッカソン、渋谷で開催 - 大賞は"魔法の鏡"』

2016年1月25日 08:00

RealSense対応アプリのハッカソン、渋谷で開催 - 大賞は"魔法の鏡"

RealSense対応アプリのハッカソン、渋谷で開催 - 大賞は"魔法の鏡"
●会場は東京都・渋谷の「FabCafe MTRL」
NECパーソナルコンピュータは23日、RealSense 3Dカメラを活用するアプリ開発ハッカソン「HIGH TOUCH PROJECTインテル RealSense テクノロジー Hackathon」(以下、ハイタッチプロジェクト)の授賞式を開催した。

ハッカソンとは、ソフトウエア開発者が、一定期間集中的にプログラムの開発やサービスの考案などの共同作業を行い、その技能やアイデアを競う催し。また、Intel RealSense 3Dカメラは、撮影対象の奥行きをスキャンでき、立体的な3Dデータを取得できるWebカメラだ。Windowsの生体認証機能「Windows Hello」による顔認証ログインに、RealSense 3Dカメラが使用されることも多い。

NECパーソナルコンピュータでは、1月13日に発表した「LAVIE Hybrid ZERO」11.6型モデル「HZ300」に、Intel RealSense 3Dカメラを搭載しており、今回のハッカソンを通じて、RealSenseテクノロジーに対応したアプリの普及を目指す。

「ハイタッチプロジェクト」

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.