くらし情報『人がほとんどいないオフィス……でもしっかり業務中 - レノボ関連グループ4社が合同で「テレワークデイ」を実施』

2016年3月4日 20:40

人がほとんどいないオフィス……でもしっかり業務中 - レノボ関連グループ4社が合同で「テレワークデイ」を実施

人がほとんどいないオフィス……でもしっかり業務中 - レノボ関連グループ4社が合同で「テレワークデイ」を実施
レノボ・ジャパンは4日、同社の関連会社3社と合同で、秋葉原オフィスにいる従業員を対象とした「テレワークデイ」を実施。その様子を報道陣向けに公開した。

「テレワークデイ」は、「全社テレワーク」が可能な体制の確立を目指すとともに、その経験を産業界に提案することを目的とした実施するもので、レノボ・ジャパンに加え、レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ、NECパーソナルコンピュータ、モトローラ・モビリティ・ジャパンの4社が参加した。

○テレワーク浸透に向けた取り組み

レノボ・ジャパンでは、同社が設立した2005年からすでにテレワークが可能なシステムを構築。2011年3月の東日本大震災でもテレワークが推奨されたが、インフラ面や社内ルールが十分に整備されていない部分があったことに加え、そもそもテレワークをするという意識が醸成されていなかったなどの理由から利用率は3割程度にとどまっていた。

2014年の本社移転を期に固定電話にLync(現Skype for Business)を採用し、PCを使って電話の発信や着信が可能とした。また、2015年12月からテレワークの推進に向けて、秋葉原オフィスの従業員を対象に、テレワークによる効果や課題の洗い出しを行うパイロット運用を開始した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.