くらし情報『『プリパラ』はライブミュージカルで次元を超える、舞台にいたのは間違いなく"らぁら"たちだった』

2016年2月4日 18:57

『プリパラ』はライブミュージカルで次元を超える、舞台にいたのは間違いなく"らぁら"たちだった

これらはすべて実際のアニメ・ゲーム内で使われているギミックを再現している。この公演が4日間だけとはもったいない、何度でも足を運びたいと思えるほどの出来栄えだ。2.5次元を超える、新感覚4次元ミュージカルと銘打つのもうなずける。

○無意識のうちにらぁらになれていた

本会場で通しのステージをやるのは初めてだというi☆Ris。終演後、あらためてゲネプロについてのコメントを求められると、茜屋が「最初は緊張していたけど、ステージに立った瞬間プリパラの世界が広がっていって、無意識のうちにらぁらになれていた」と口火を切り、「目が合うだけで芝居がどんどん進んでいった」と芹澤。「キャラクターと一心同体だなと感じられた」、「みんなのシルエットがキャラクターそのままで最初から感動していました」と久保田と若井が続ける。山北は「緊張九割」と、まだキャラクターが体から抜けきっていないのか、開口一番シオンのように四字熟語を発してから、「和気あいあいとできたのはシオンと2年間やってきたから」とコメント。「『プリパラ』がミュージカルになったことが本当にうれしくて、もっとこうしたい! という思いをぶつけすぎて演出家やメンバーにでしゃばりすぎだと怒られたりもしました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.