くらし情報『3年間で教育資金680万円を貯める方法 - (1)目標額はどうやって設定する?』

2016年3月10日 14:00

3年間で教育資金680万円を貯める方法 - (1)目標額はどうやって設定する?

3年間で教育資金680万円を貯める方法 - (1)目標額はどうやって設定する?
離婚後、シングルマザーとして3年間で680万円を貯めたファイナンシャルプランナーの加藤葉子さんが、教育資金の作り方を伝授するこの企画。収入が減り、生活状況が苦しくなった時期でも目標を達成できたのはなぜなのか。その秘訣(ひけつ)を紹介していただきます。第1回目のテーマは、「目標額はどうやって設定する? 」です。

○進路別、教育費の平均額はこれだ!

まず、「教育資金」はいくら貯めるといいのでしょう。実際にいくらかかるかはご家庭によって異なりますが、実は全国平均の額については文部科学省が調査しています。この調査結果をもとに、代表的な進路パターン別にかかった教育費の平均額をまとめたのがこちらの図です。

これを見ると、必要な教育費は進路によって全く違ってくることがわかります。小学校から大学まで国公立に通った場合は約680万円、全て私立に通った場合には約2,050万円(理系大学を想定)と約3倍の開きがあるのです。また留学や下宿などを考えると、膨大な金額になってしまいます。

○まずは「オール国公立コース」を目指す

それでは、目標額をどのように定めたらいいのでしょうか。はじめは、小学校から大学まで「オール国公立」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.