くらし情報『兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 (55) カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」』

2016年3月22日 12:00

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 (55) カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」

兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 (55) カレー沢流・「真の親孝行」と「かんぴょう巻」
今回のテーマは「親の期待のかわし方」である。

誠に残念かつ遺憾、慙愧の念に堪えないのだが、当方、親にこれといって期待をされた記憶がない。この連載では、今まさにゴミ箱に頭を突っ込んでいる最中の人に対し「成功の秘訣は?」と聞くようなテーマがたまに寄せられるのである。

○かんぴょうと酢飯からフレンチは生まれるか

子どもに大した期待をかけない親のことは後ほど触れるとして、その対極にある「子どもへ過度な期待を寄せる親」というのも、何を考えているのかわからない。もちろん、自分たちが博士や大臣、松坂牛であるというのなら、子どもに同じような将来を望むのもまあわかる。だが、父がかんぴょうで母が酢飯なら、子はかんぴょう巻になることは大体予想できることであり、「シェフの気まぐれフォアグラテリーヌ~季節の野菜を添えて~」になれ、というのは酷なことである。原材料が自分たちであるということを忘れているんじゃないかと思う。

もちろん、材料はともかく調理(教育)次第でどうとでもなるという意見もあるだろう。確かに、平凡な両親から偉人が生まれる例もあるが、残念ながらかんぴょうをフォアグラにするより、フォアグラを残飯にする方が簡単なのである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.