くらし情報『波瑠、号泣・五代様との名シーン秘話語る「男としては意識してないことを…」』

2016年4月1日 17:11

波瑠、号泣・五代様との名シーン秘話語る「男としては意識してないことを…」

波瑠、号泣・五代様との名シーン秘話語る「男としては意識してないことを…」

2日に最終回を迎えるNHK連続テレビ小説『あさが来た』(毎週月~土曜8:00~8:15)でヒロイン・あさを演じている女優の波瑠が1日、情報番組『あさイチ』(毎週月~金曜8:15~)に出演。撮影エピソードや共演者との思い出などを語った。

波瑠は、東京を訪れていたあさが、親友・大久保利通が暗殺され号泣する五代友厚(ディーン・フジオカ)に抱きつかれたシーンについて、「すごくひっかかったシーンの一つだった」と告白。「だんなさまも娘もいて、東京に来て、五代様をまったく男としては意識していないというのがどうしたら表現できるんだろう」と悩み、「抱きつかれてそのまま受け入れてもその気があるように見えるし、抵抗してもその気があるように見えるし、どうしたらいいんだと思って」といろいろ考えたという。

そして、「結果的には、あのシーンはそのまま台本通りにやって、あとにシーンを足してもらいました」と言い、大阪に戻ってから「千代にも見せたかったなぁ」と夫・新次郎と娘・千代に東京での話をするシーンを加えてもらったことを告白。「東京にいる間もずっとだんなさまと千代のことを考えていたよっていうのがわかるシーンを作ってもらいました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.