くらし情報『加藤綾子、古舘&宮根に圧倒される「"アナ"にならないうちにフジを辞めた」』

2016年11月4日 05:00

加藤綾子、古舘&宮根に圧倒される「"アナ"にならないうちにフジを辞めた」

加藤綾子、古舘&宮根に圧倒される「"アナ"にならないうちにフジを辞めた」

フリーアナウンサーの加藤綾子が、フジテレビ系トーク番組『ボクらの時代』(毎週日曜7:00~7:30)の6・13日の放送に2週連続で出演し、『めざましテレビ』の生放送中に倒れた日の詳細などを語る。

同番組は、さまざまなジャンルで活躍する3人がトークを繰り広げていくもので、加藤は古舘伊知郎、宮根誠司とともに登場。フジテレビを退社してフリーになった真相のほか、"カトパン"と呼ばれて複雑な気持ちだった当時の思い、キャスターを務めていた『めざましテレビ』で生放送中に倒れてしまった当日の詳細など、これまで深く語られてこなかった話題に、古舘と宮根が切り込んでいく。

収録を終えた加藤は、古舘と宮根について「同年代の男子アナウンサーではまったく考えられないしゃべりの量と、頭の回転の速さでした」と、圧倒された様子。2人から繰り出される言葉数や知識量、例え話などを受け、「自分はまだ"アナウンサー"になれていないんだと。なってないうちにフジテレビを辞めてしまったな」と心境を吐露した。

古舘は、『報道ステーション』キャスター時代の知られざる苦労や、実況を得意とするがゆえに通常のニュース読みでやってしまった失敗、自身の出演番組をすべて見直すという徹底した仕事観までを披露。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.