くらし情報『川谷絵音&萩原みのり、傷ついた経験も表現者としてプラスに「葛藤も何もなければ音楽も生まれない」』

川谷絵音&萩原みのり、傷ついた経験も表現者としてプラスに「葛藤も何もなければ音楽も生まれない」

川谷絵音&萩原みのり、傷ついた経験も表現者としてプラスに「葛藤も何もなければ音楽も生まれない」

●過去の傷や痛みを乗り越えなくてもいい
動画配信サービスHuluの映像クリエイター発掘&育成プロジェクト「第1回 Hulu U35 クリエイターズ・チャレンジ」でグランプリを受賞した老山綾乃監督が、アーティストの川谷絵音と女優の萩原みのりをダブル主演に迎えて撮り上げたHulu初のオリジナル映画『ゼロの音』(配信中)。痛みと共に生きることや、人と人とのささやかな触れ合いが描かれた、温かな1作として完成している。本作で映画初主演を果たした川谷は、「今回の経験によって一つ新しい曲ができた」と告白。役者業に新たな可能性を見出したという。川谷と萩原が、表現者としての思いや共演の感想を語り合った。

――病によって音楽の道を絶たれたチェリストの青年・大庭弦が、市役所の職員として働きながら、憧れの人の死に直面したことをきっかけに再生していく姿をつづる本作。川谷さんは、弦役として映画初主演を務めています。「ぜひやってみたい」と思われた理由から教えてください。


川谷:まずは監督から直筆の手紙をいただいて、「これはちゃんとやらなければ」と思いました。また弦はジストニアを患う青年ですが、ジストニアはミュージシャンにとってとても身近にある病です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.