くらし情報『志尊淳、ギムナジウム舞台に思春期の性愛の葛藤表現 - 『春のめざめ』』

2017年5月5日 09:00

志尊淳、ギムナジウム舞台に思春期の性愛の葛藤表現 - 『春のめざめ』

志尊淳、ギムナジウム舞台に思春期の性愛の葛藤表現 - 『春のめざめ』

俳優の志尊淳が4日、神奈川県・KAAT 神奈川芸術劇場にて行われた主演舞台『春のめざめ』のゲネプロ及び囲み取材に、共演の大野いと、栗原類、演出の白井晃とともに登場した。

同作はドイツの劇作家・ヴェデキントによって1891年に書かれ、センセーショナルな内容から、当時上演禁止処分を受けた。ギムナジウム(中等教育機関)を舞台に、10代の少年少女たちが性の目覚めをむかえ、子供を抑圧する社会や大人への憤りに葛藤する姿を描く。

サディスティックな欲望や過ちなど、様々な思春期の性愛を表現し、主人公のメルヒオールを体当たりで演じた志尊。「僕たちが通ってきたことでもありますし、各々が抱えているものは、今の自分たち誰しもがあるようなものだと思ってる」と作品について語った。

これまでの出来について聞かれた白井は、「まだ80点くらいかな。ゲネプロで90点、初日で100点の予定です」と力強く宣言。「ベテランでは出せないエネルギーもあると思いますし、技術ではなくて彼らが頑張って立ち向かおうとしているところが一番、我々にとっても新鮮だし、そこが見どころ」とアピールした。

「座長という意識はあんまりない」という志尊は、「いろんなことをいろんな人から吸収できるようやってきた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.