くらし情報『知英&安田顕ショック! ハーレイ&ジョーカーのセリフカットされ不満吐露』

2017年10月21日 15:31

知英&安田顕ショック! ハーレイ&ジョーカーのセリフカットされ不満吐露

知英&安田顕ショック! ハーレイ&ジョーカーのセリフカットされ不満吐露

映画『DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団』の初日舞台挨拶が21日、都内で行われ、声優を務めたバットマン役の山田孝之ハーレイ・クイン役の知英、ジョーカー役の安田顕、FROGMAN監督が出席。知英と安田は、お気に入りのセリフをカットされたことに不満を漏らした。

アメコミの代表格であるDCエンターテイメントと日本のフラッシュアニメ『鷹の爪』がタッグを組んだ同作。舞台挨拶では全員、胸にタイトル題字と背中に「予算崩壊」と書かれたオリジナルTシャツ姿で登場し、監督が「舞台挨拶の予算を残していなかったと言われ…」と説明した。

ハーレイ役の知英は、よくわからなかったセリフを聞かれると「実は本編には出てないんですけど、『メトロという名のラビリンス』というセリフがあったんです。意味わからないですよね?」と、日本の地下鉄が入り組んでいるさまを表現したというジョーカーのセリフを挙げ、「それがなんでカットされたのか…」と疑問。ハーレイもその場面で楽しく発言していたと言い、「結局使われなかった」と嘆いた。

ジョーカー役の安田は、カットになったことを知らなかったそうで「あーそうですか。カットになってるんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.