くらし情報『ケイト『タイタニック』水中シーン撮影で低体温症に「本当に寒かった」』

2017年12月6日 10:00

ケイト『タイタニック』水中シーン撮影で低体温症に「本当に寒かった」

ケイト『タイタニック』水中シーン撮影で低体温症に「本当に寒かった」

女優のケイト・ウィンスレットが、20年前に公開された映画『タイタニック』の水中シーンの撮影で、低体温症になったことを明かした。

ケイト・ウィンスレット(C)BANG Media International

同作で、レオナルド・ディカプリオ演じる主役ジャックの相手ローズ役を演じて人気を博したケイト。トーク番組『ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア』に出演した際に、撮影秘話を語った。

水中でのシーンの撮影は、現場が広すぎてスタッフが水を温めることができなかったという。そのため、水中シーンのほとんどはディカプリオがこなしたものの、低体温症になったのは自分だったと告白した。「私は低体温症になったの。だってもう本当に寒かったんだから」

そんなケイトは、新作『アバター』続編でキャメロンと再タッグを組む予定で、先日には水中シーンを全て自身で演じることを要求したとキャメロンが明かしていた。

(C)BANG Media International

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.