くらし情報『寺島しのぶ、"悪魔的"女性に挑む 『ヘッダ・ガブラー』開幕』

寺島しのぶ、"悪魔的"女性に挑む 『ヘッダ・ガブラー』開幕

2018年4月8日 15:31
 

関連リンク

・乃木坂46白石麻衣、ドラマ単独初主演 「世にも奇妙な物語」で“インフルエンサー”に 今日一番読まれたニュースランキング【エンタメTOP5】
・“超美形俳優”吉沢亮のギャップ続々 「A-Studio」出演
・鈴木勝吾らがド派手に立ち回る、ハイテンポ・ハイテンション・コメディ「ザ・池田屋!」開幕

女優の寺島しのぶの主演舞台『ヘッダ・ガブラー』が、7日に初日を迎えた。会場は東京・Bunkamuraシアターコクーンで、他、小日向文世水野美紀池田成志段田安則らが出演している。

『近代演劇の父』と称され、『人形の家』等の代表作でも知られるヘンリック・イプセンの戯曲『ヘッダ・ガブラー』。主人公のヘッダは、発表当時から「悪魔的、破滅的」と形容されてきたという。

「将軍の娘」として恵まれた環境に育ち、自由で享楽的なようで、実は臆病で社会の規範から外れることを恐れている。常に何かを渇望しながら、それが何かが自分ではわからず、いつもフラストレーションを抱え、他人が何か「生きがい」や「目的」に目を輝かせるのは面白くなく徹底的に邪魔をする、という主役に寺島が挑む。

ヘッダの夫・イェルゲンを小日向、ヘッダの元恋人で、最後には彼女の歪んだ美学に捕われる男・レェーヴボルクを池田、自立を期す女性・エルヴステード夫人を水野、衝撃の結末のカギを握る男・ブラック判事を段田が演じる。演出は栗山民也が務めた。公演は4月7日〜30日。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.