くらし情報『岩田剛典、河瀬直美監督からの「1カ月森に住んで」というむちゃぶりに苦笑』

2018年4月26日 16:30

岩田剛典、河瀬直美監督からの「1カ月森に住んで」というむちゃぶりに苦笑

岩田剛典、河瀬直美監督からの「1カ月森に住んで」というむちゃぶりに苦笑

6月8日公開の映画『Vision』の完成報告会見が26日、都内で行われ、永瀬正敏夏木マリ岩田剛典、美波、河瀬直美監督、小曽根真が出席した。

後列左から永瀬正敏河瀬直美監督、夏木マリ小曽根真、前列左から美波、岩田剛典

河瀬直美監督の最新作となる本作は、生まれ故郷でもある奈良県を舞台にした長編10作目となる記念すべき作品。フランスの名女優ジュリエット・ビノシュ、そして『あん』(2015年公開)や『光』(2017年公開)と河瀬監督作品に2作連続で主演を務めた永瀬正敏のダブル主演。幻の薬草"Vision"を探し求めるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)が、吉野の山間で生活をする山守の智(永瀬)と出会い、言葉や文化の壁を越えて心を通わせていく命の物語となっている。ジュリエット・ビノシュと永瀬のほか、永瀬演じる山守・智の目の前に突然現れる山守・鈴に岩田剛典、ジャンヌのアシスタントに美波、自然と共存しながら森で暮らす女・アキに夏木マリが演じている。

会見が行われたこの日は、主演の永瀬らキャスト陣と河瀬監督が登壇。前日の試写で本作を初めて見たという永瀬は「帰ってから心が震えてしまって、結局寝ずに徹夜でここに来ました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.