くらし情報『欅坂46、大阪北部地震の被災者にお見舞い「より一層ご注意していただければ」』

欅坂46、大阪北部地震の被災者にお見舞い「より一層ご注意していただければ」

2018年6月19日 10:00
 

欅坂46、大阪北部地震の被災者にお見舞い「より一層ご注意していただければ」

アイドルグループ・欅坂46小林由依菅井友香長濱ねる渡辺梨加が18日、都内で行われた「LINE Pay大型キャンペーン『10円ピンポン』及び新CM発表会」に出席した。

LINE Pay大型キャンペーン『10円ピンポン』及び新CM発表会」に出席した小林由依菅井友香長濱ねる渡辺梨加

コミュニケーションアプリLINE」上で展開する「LINE Pay」は、日本全国に店舗展開する複数の国民的企業とコラボレーションを実施し、友だちと「LINE Pay」で 10円を送り合うだけで人気商品が毎週もらえる大型キャンペーンを実施。10円を「LINE Pay」で簡単・便利・スピーディに友だちと送り合う様がピンポンのようであることから、キャンペーン名称を「10円ピンポン」とし、この日からキャンペーンを実施する。それに伴う新CMがこの日から全国でオンエア。同CMは、イメージキャラクターに起用された欅坂46のメンバーが「10円ピンポン」する様子を卓球のプレーで表現している。

発表会冒頭ではメンバーを代表して菅井が「本日大阪北部で発生した地震により被災した方に心よりお見舞い申し上げます。ただ、被災状況も分からず、余震の可能性もありますので、より一層ご注意していただければと思います」とこの日の朝に近畿地方を襲った大阪北部地震の被災者を気遣った。

イベントでは、同CMについて触れ、長濱は「スピード感があり、スローでアクロバティックな映像が新鮮でとても良いなと思いました」と自信を見せ、菅井は「私はねるちゃんに打ってもらったサーブを打ち返すんですが、マットを使って思いっきり臨場感溢れる映像に挑戦できて、とても楽しかったです。かっこいいフォームを研究するのが難しかったですね」と振り返った。そんな菅井の格好良いフォームとは裏腹に、渡辺は「由依ちゃんのサーブがキレキレで格好良かったですよ」と菅井のフォームよりも小林の方が気になった様子だった。

LINE」はもちろん、「LINE Pay」もプライベートで使っているという菅井は「割り勘するのにとても便利で友達とかと使っていますが、LINE Payだととても気軽にやり取りできるなと感じています」と好印象。長濱も「一瞬で細かい小銭もやり取りができるので楽だと思いますね」と話していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.