くらし情報『三宅健、スタインベック名作『二十日鼠と人間』主演 「新たな自分に」』

2018年6月21日 12:27

三宅健、スタインベック名作『二十日鼠と人間』主演 「新たな自分に」

三宅健、スタインベック名作『二十日鼠と人間』主演 「新たな自分に」

アイドルグループ・V6三宅健が、舞台『二十日鼠と人間』に主演することが21日、わかった。

同作は『怒りの葡萄』や『エデンの東』などで知られるアメリカのノーベル賞作家ジョン・スタインベックが1937年に発表した小説を原作とし、スタインベック自身が戯曲化した作品。1930年代の世界大恐慌下のアメリカを舞台に、主人公のジョージに待ち受ける厳しい現実と相棒への想い、そしてその想いゆえの葛藤と苦悩を描く。

近年でも、映画俳優のジェームズ・フランコとアイルランド出身の個性派俳優クリス・オダウドが、同作でブロードウェイデビューを果たして大ヒットを記録。クリス・オダウドは、第68回トニー賞演劇男優賞にノミネートされた。またこのブロードウェイ版は、ロイヤル・ナショナル・シアターの劇場中継である「ナショナル・シアター・ライブ」のラインナップとして上映され、2015年に日本でも上映、大きな話題を呼んだ。

今回は主演の三宅が、演出の鈴木裕美と、2008年の『第17捕虜収容所』以来10年ぶりにタッグを組む。さらに、花乃まりあ、中山祐一朗姜暢雄池下重大瀧川英次駒木根隆介、章平といった実力派俳優に加え、藤木孝山路和弘というベテラン俳優が顔をそろえた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.