くらし情報『「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第8回 山口真帆「犯人との交際認めたメンバーいる」 AKS「今回は不問に」』

2019年3月28日 10:00

「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第8回 山口真帆「犯人との交際認めたメンバーいる」 AKS「今回は不問に」

「NGT48山口真帆  暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録 第8回 山口真帆「犯人との交際認めたメンバーいる」 AKS「今回は不問に」

新潟を拠点に活動するNGT48のメンバー・山口真帆への暴行事件に関する第三者委員会の調査結果を受け、同グループを運営するAKSが22日、新潟市内で会見を開いた。出席者は、AKS運営責任者兼取締役・松村匠氏、劇場支配人・早川麻衣子氏、副支配人・岡田剛氏の3名。本企画(「NGT48山口真帆 暴行被害事件」調査報告書会見 3時間の全記録)では、時系列に沿って発言をまとめていく。最終回は、開始150分頃から終了の180分頃まで。

○■記者との一問一答の続き

――報告書の23ページに「マイクロバスが到着する時間帯に発着場所で待機することによって、メンバーの“見送り”を行うファンが現れたり、メンバーの後をつけることで住居を知ろうとするファンも現れることとなった」となる。いつ頃のことか。

松村:時期という確定的なことはあれなんですけども、割とよくあることの可能性はございます。さきほどからご指摘を受けてますように、例えばマネージャーが一緒に降りるとか、メンバーと一緒に家の方まで行くとかそういう抑止力というか、回避できる確率は上がるのですが、それをやってなかったということが一番の大きな原因かなと考えております。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.