くらし情報『「シェアハウス」興味はあるけど、本当はどうなの?』

2012年9月6日 17:52

「シェアハウス」興味はあるけど、本当はどうなの?

「シェアハウス」興味はあるけど、本当はどうなの?
以前はシェアハウスといえば、一つの部屋に複数の人が居住するタイプもあり、一般の「賃貸物件よりも賃料が安い」ものが多くありました。しかし、最近では、設備を最新型に整え、またおしゃれな物件ということで、周辺相場と同等の賃料、あるいはやや高額な物件もあり、一概に「低コスト」とはいいきれなくなっています。

居住者の中心は、20代~30代。中には、若年者からファミリー、高齢者が一緒に暮らす物件もあり、このようなシェアハウスには、これまでの賃貸住宅とは全く異なる視点の選び方が必要です。今回は筆者がこれまで取材を行った「シェアハウス」での事例を紹介します。

■一人でも、寂しくない!

筆者が以前お伺いしたことがあるシェアハウスでの話。広ーいリビングに「ドン」と置かれた大きなダイニングテーブル。テーブルの椅子に座って小さな女の子が絵を描いています。傍らで女の子に話しかけている女性は……お母さんと思いきや、このシェアハウスに住む、独身女性でした。

ここでは、複数の単身者とファミリーが一緒に暮らしています。それぞれに個室があり、広いキッチンやリビング、トイレ、お風呂を共有しています。キッチンの壁には、調理の当番表。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.