くらし情報『上田まりえ、生放送中の号泣を振り返る「私情が入ってしまって…」』

2019年4月15日 06:00

上田まりえ、生放送中の号泣を振り返る「私情が入ってしまって…」

上田まりえ、生放送中の号泣を振り返る「私情が入ってしまって…」

●松竹芸能退社の理由は「さらに前向きに…」
4月から文化放送でスタートした平日朝の新ワイド番組『なな→きゅう』(毎週月曜~金曜 7:00~)。フリータレント・上田まりえが、番組の月曜~木曜パーソナリティを務める。

上田自身も、3月末で所属していた松竹芸能を退社するなど、大きな変化があった。そんな上田が『なな→きゅう』への意気込みのほか、事務所退社の理由、伊集院光から学んだことについてなども語った。

――4月から『なな→きゅう』がスタートしましたが、ここまでの放送を振り返ってみていかがですか。

あっという間ですね。社会人になったばかりのとき、休日の短さに驚きましたが、そういう感覚を久々に味わっています。ちょうど自分もプライベートなことも含めて、色んなことが変わったタイミングと重なり、新しいことが始まったという感じをすごく抱いています。

――初回の放送では「人生で1番緊張しているかも」とお話しされていましたね。

本当に緊張しました。オファーをいただいた際には、文化放送さんが壮大なドッキリをしているんじゃないかと思い、カメラを探しましたから(笑)。ただ、初回が終わって、リスナーさんからの反応をツイッターブログで読んで、「あ、本当に始まったんだな」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.